新米パパの知育玩具で子育て日記

現在、小学校教師をしていて、知育玩具が大好きな2歳児と0歳児を育てる新米パパが、大好きな知育玩具と子育ての様子を発信するブログです。

想像力を育てる循環するおもちゃ

昨年のクリスマスにジジババからプレゼントさて頂いた積み木、グリムス社のアーチレインボー。

 

最初もらった時の使い方はこんな感じでした。

 

f:id:inotaku1992:20210303211302j:image

 

並べて、そこに動物も置いています。

 

あとは、こんな感じ。

 

f:id:inotaku1992:20210303211329j:image

 

これは平面に並べていますね。

 

この写真たちが1月前半くらいだったかな、と思いますが、2カ月経ち、積み方に変化が出てきました。

 

今日の積み方はこちら。

 

f:id:inotaku1992:20210303211623j:image

 

テーブルの上に積み上げていきます。

 

そして、これで完成。

 

f:id:inotaku1992:20210303211657j:image

 

今までは、1つずつ置いていたばかりだったのに、積み重ねています。

 

その次に、もう一つ作品を作っていました。

 

f:id:inotaku1992:20210303211820j:image

 

これも、積み木を重ねて作っています。

 

このアーチレインボーに関しては、今までは重ねるという遊びを見ることはありませんでした。しかし、今回は重ねて遊んでます。遊びのレベルが高まっているように感じます。

 

どうして、こんな風に遊びのレベルの変化を感じられるのか、というと、それは、アーチレインボーが

 

循環

 

するおもちゃだからです。

 

循環とは 

 

作る→壊す

 

を繰り返し、様々なものを創造できるもののことをさします。

 

アーチレインボーであれば、床に置いても重ねても、様々な形になります。抽象的なものから具体的なものまで様々なものを作れます。

 

作っては壊し、作っては壊し、を繰り返すことができます。

 

それが、循環です。

 

循環するおもちゃの良さは、想像力を育めることにあります。

 

◯◯マンや、◯◯ライダーのように、キャラクターや形が決まっているおもちゃは、それにしかなり得ません。想像力を働かせる余地がありません。

 

しかし、循環するおもちゃならば、◯◯マンにもなれば、◯◯ライダーにもなる。家にもなれば、魚にも鳥にもなる。同じものから様々なものを作ることができる。それは、想像力を働かせることに繋がりますよね。

 

良いおもちゃとは、循環するおもちゃである。

 

そう言っても過言ではありません。

 

そして、循環するおもちゃは、長く使えます。

 

発達段階によって、おもちゃの使い方が変わってきます。アーチレインボーに関して言えば、置いたり、積んだり。思いのまま置いたり、計画的に具体物を作ったり。

 

子どもたちに、長い間、今の力ではちょっと難しいチャレンジを、自然に提供します。

 

そして、だからこそ、飽きることがありません。次はこれ、次はこれ、と遊びがつながっていきます。

 

そして、そんなおもちゃだからこそ、成長を感じられます。

 

最初はちょっと難しいことへのチャレンジがこれだったんだな。

f:id:inotaku1992:20210303211302j:image

 

そして、今はこれだったんだな。

f:id:inotaku1992:20210303213811j:image

 

という風に。

 

そのおもちゃは循環するか。

 

子どもがよりよく育つおもちゃ選びの視点の一つになると思います。

 

娘の初節句でした!

今日は娘の初節句!桃の節句のお祝いでした。

 

令和3年3月3日。

 

なんだかゾロ目でめでたい気分。

 

妻が、2歳の息子を相手に悪戦苦闘しながらも撮った写真がこちらです。

 

f:id:inotaku1992:20210303202123j:image

 

お内裏様、お雛様と一緒に、11カ月をちょうど迎えた娘をパシャリ。よく撮れてます。

 

今はケースと同じ大きさですが、来年にはもう全然大きくなっているのだろうなぁ。

 

節目に撮る写真。成長を感じる上では、大切ですよね。

 

これからも

すくすく育て!

我が娘

 

さて、このお内裏様とお雛様。

 

妻のお母様からお金を頂き、妻と妻のお姉さんが、散々悩んで選び、購入したもの。

 

この季節が来て、雛人形を飾るたびに、色々な人に支えられていたのだなぁ、と実感する。この人形たちには、そんな役割もあるのかなぁ、なんて思っています。

 

そういえば、うちには、人からの頂きものがたくさんあります。

 

時には、頂いた方のことを思い出し、感謝の思いを持つ。日常に埋没してしまうと忘れがちなことだけに、こういった年中行事の時には、そんな気持ちも大切にしたいなぁ、と思った今日でした。

 

うちの子、おもちゃを譲れません!

うちの2歳の息子。おもちゃを譲れません!

 

0歳の娘がおもちゃを触ろうとするものなら

 

◯ちゃん、メッ!

◯ちゃん、ヤーヤ!

 

と、わめきちらします。

 

正直、ずっと

 

意地悪な兄だなー…

これじゃあ友達と遊べないなー…

 

と思ってました。

 

それが親の態度や口調にも出ます。

 

 

意地悪しないで譲って!

 

 

と叱ったり

 

 

兄が持っているおもちゃを取って 

 

はいどうぞ

 

と、下の赤ちゃんに譲ってあげたりしていました。

 

もちろんおもちゃを取られた兄は泣きわめきます。

 

でも、そのわめきに対しても

 

◯君のおもちゃはたくさんあるよね。一つくらい優しく譲ってあげて。譲ってあげないのが悪いんでしょ!

 

なんて、更に怒ることもしばしば

 

 

 

どうですか?

同じような経験はありませんか?

 

自分はたくさんこんなやりとりを繰り返してきました。

 

 

 

というのも

 

人におもちゃを譲れない優しくない子になったら嫌だなぁ

 

と思ったからです。

 

 

しかし

 

人におもちゃを譲れる子になるためには

 

この対応は、間違いだったんです。

 

 

 

今では、おもちゃを譲れない我が子を見ても、ゆったりと構え

 

おもちゃ、貸してあげられる?

 

と自己選択させています。

 

別のおもちゃを貸してあげる?

 

と選択肢を増やすこともあります。

 

それでも譲れない時は、仕方ない。

 

譲れないという気持ちを尊重します。

 

 

 

 

どうして、こんなに対応が変わったのか?

 

それは、発達心理学に基づく理論を学んだからです。

 

学びの中で、信念を持って、子どもに接することができるようになりました。

 

そして、子どもの成長を、じっくり楽しみに待てるようになりました。

 

大丈夫。大丈夫。

 

今は譲れないけど、適切な関わり方をしていれば、ちゃんと譲れる時が来るから

 

って。

 

ということで、焦らず、自分の子のありのままを受け入れてあげましょう!

 

発達心理学による理論を学んだのは、この講座でした。

 

https://edu-toy.or.jp/course/kids2

 

自分は、日本知育玩具協会の講座を受けたのは、この講座が初めてで。2歳から3歳の子育てについて、目から鱗が落ちるような体験が得られました。

 

おもちゃを譲れない我が子を

 

譲れなくてダメだ

 

というマイナスの受け止めではなく

 

譲れなくて大丈夫

 

という風に受容ができた

 

これって、とても大きな変化でした。親にとっても、子にとっても。

 

おもちゃを譲れない我が子。

 

これからも気持ちに寄り添い見守っていきたいと思います。

2歳児に寝る前に読んだ絵本4冊

今日は、寝る前に、布団の上で4冊読みました。

 

それが、こちら。

 

f:id:inotaku1992:20210301213822j:image

 

もりのなか

 

は気に入ったみたいで、リピート希望。2回も読みました。

 

もりのなか

 

読んでいても、結構長いなぁ、と感じます。

 

それをもう一回読んでほしいというのだから、絵本好きになってくれてるなぁ、と嬉しいです。

 

この4冊が終わっても

 

ほん!ほん!

 

と、まだ要求が入りました。

 

こんなこと、数ヶ月前では想像できなかったなぁ。正しい読み聞かせのメソッドを学べば、本当に絵本好きになると実感です。

 

もっと読んであげたい気持ちはありながらも、時間も遅いので、ママがまた明日読む約束をして、また明日。

 

今日は、夢にたくさんのファンタジーが出てくるのかなー?

 

なんか自分も、カブを引き抜く夢を見そうです笑

 

おやすみなさい。

知育玩具2級講座を受講しました。

本日、中村先生のもと、東京都府中市にて、知育玩具2級講座を受講してきました。

 

https://edu-toy.or.jp/course/edu2

 

とてもとても濃密な1日。

 

ドイツゲームの体験は本当に面白かったなぁ。子どもは熱中するし、たくさんの力が伸びると、体験してみて確信。

 

他にも

 

4歳以降の発達課題

絵本の読み聞かせについて

積み木遊びや構成遊びやブロック遊びの発展

 

などなど

 

ベビートイ、キッズトイの受講後でも、目から鱗の内容ばかりでした。

 

学びの場に一日出かけさせてくれた家族に感謝です。

 

中村先生、ありがとうございました。

 

 

息子の口癖「さあどうぞっ!」

最近、うちの息子は、果物が大好きです。

バナナも好きだし
みかんも好き
いちごも好き
りんごも好き

スーパーで買ったり、頂きものをしたりすると

食べたい!

と要求します。

ただ、まだ2歳。

食べたい!

とは言えません。では何と言うか。



さあどうぞっ!

さあどうぞっ!


って言ってきます。


さあどうぞっ!て何?

こちらです。


くだもの

f:id:inotaku1992:20210201201106j:plain


取れたての果物が美しい絵で紹介されます。

そして、剥いた果物をわたす時の一言が

さぁどうぞ

なんです。



この

さあどうぞ、が

息子にとっては

果物を表す言葉になっているのでしょうね。




なぜかもらう側が

さあどうぞっ!さあどうぞっ!

と言っていて、笑ってしまいます。



使っている言葉は間違っていますが、伝えようという意欲が素敵。

いつか気付く時が来るでしょう。

絵本の世界と現実の世界がつながっている様子を微笑ましくみながら、「さあどうぞっ!」と思う存分言わせてあげたいと思います。

外遊びから帰れません…

いつもの公園に2歳の息子と遊びに来ました。

 

今日は、風が強くてとても寒かったなぁ。凍える寒さの中、息子が選んだ遊びはというと

 

 

 

 

 

水遊び

f:id:inotaku1992:20210227180431j:image

 

f:id:inotaku1992:20210227180439j:image

 

寒い中、やめてくれー!という感じでしたが、本人がやりたいのだから仕方ない

 

見守っていました。

 

寒い中、1時間ほど遊びました。

 

砂場から離れて

 

よし!寒いし帰ろう!

 

と言おうとしたら次は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:inotaku1992:20210227180610j:image

 

水をまきはじめます。

 

 

水をまいた中で

f:id:inotaku1992:20210227180854j:image

 

びちゃびちゃ遊び回る。

 

あー、これママが洗濯大変なやつだー、、

 

と思いながら見てました笑

 

これも長かったー。

 

しかも、日陰。寒い寒い。

 

一通りびちゃびちゃやって、自分のところに来ました。

 

よし、ようやく帰ろう!

 

そう思ったら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:inotaku1992:20210227181104j:image

 

まさかの遊び道具を洗い出す、、笑

 

f:id:inotaku1992:20210227181141j:image

 

全て洗うまで満足できないご様子、、

 

えらい!のだけれど、本当に寒い笑

 

まさに、子どもは風の子ですね。

 

 

 

こんなシーンがうちではよくあります。

 

「いいかげんにしなさい!寒くて風邪ひくから、早く帰るよ」

 

なんて言って、大泣きのまま連れ帰るなんてこともしばしばありました。

 

でも、知育玩具協会での学びで、「その対応はまずかったなぁ…」と今では反省中です。

 

 

よく、子どもと外で遊んでいると、一向に帰れない時があります。 

 

買い出し行かなきゃ

夕飯作らなきゃ

お風呂入れなきゃ

仕事終わらせなきゃ

寒いし体調が悪くならないように

 

大人は頭の中であれこれ計算しますが、子どもにはそんなものはありません。

 

遊びに満足しつくすかどうか。

 

それにつきます。

 

でも、帰らなければいけない。大人は葛藤です。

 

先程書いたように、自分はよく、大泣きのまま家に連れ帰ってました。

 

でも、今では、日本知育玩具協会の学びを経て、ベターな対応ができるようになったかな、と思います。

 

ベターな対応とは?

 

基本的には

 

待つ!

 

これに尽きます。

 

外に行く時は、急を要する予定はいれない。子どもに付き合う覚悟を持って出る。そうしています。

 

待ってもらえた経験が、自律性を育み、自制心を育てる。そのことを学び腑に落ちてからは、「今待つことが、この子のために一番必要なこと」と考え、信念として、待てるようになりました。

 

ただ、どうしても都合が合わず待てない時もありますよね。その時の第二案は

 

楽しいことを提案し、自分で選ばせる

 

です。

 

頃合いを見て

 

お家でパパと電車ごっこやる?

お風呂であそぼう!

パパとママとお出かけだよ!

 

なんて。

 

それでもどうしても急用が入ってしまった時は

 

ごめんね!

 

と言いながら、泣き泣き連れて帰ることも、ごくごくたまにありますが、「大人の都合で本当にごめんね」と心から思うし、伝えています。

 

子育てをすると、それぞれの場面で、「今はどうするべき?」と悩むことがあります。その悩む時に、「こうするべきかな」と軸が持てたのは、知育玩具協会での2級講座の学びがあったから。

 

学ぶって本当に大切!